つぶやき

「コンサルティングビジネス」の先に自由はあるのか?

 

こんにちは、

お久しぶりの更新です。keiです。

先日、Facebookで
「コンサルティングビジネスに思うこと」
というテーマでとあるつぶやきをしたので、
ぜひ見ていただきたいです。

(ちなみにFBは「ブログからきました。」とメッセージをくれたら友達承認します。)

 

結局、コンサルティングじゃ自由になれなくね?

 

確かに、「最初の実績を出す!」とか
「キャッシュを作る!」と言う意味での

コンサルティングはすごい魅力的です。

というのも、

「個別でサポートする」という手間をかけることによって、
商品力を上げて、「高い価格」で商品を販売できる。

という。

それによって、「見た目の売上げの大きさ」的な
そういう実績は作ることができます。

 

実績が上がれば、信頼や吸着率も高まるし、
当然、そういう「戦略的なコンサルティングビジネス」は

僕としても全然ありだし、みんなやるべきだと思うんです。

 

けど、それ以降は..コンサルティングである必要はあるの?

 

ぶっちゃけ、じゃあ月に80〜100万とかを稼いでいれば、
もう、ある程度は「自由な時間」を優先してビジネスを作っていった方が
人生の充実度は上がる人も多いんじゃないかな。と。

特に「ネットビジネス」の人に多いんですが、

100万稼いだら、
「次は200万だ、300万だ、1000万だ。」みたいな。

とにかくお金を永遠と追いかけ続ける成金的思考も
まあ、本当にそれがいいならいいと思うんですけど、

1度、冷静に考えて見て欲しいと思うんです。

 

たとえば、

「年間30万円でサポートするコンサルティング」を販売していたとして、

それを10個売って月収300万になったとしましょう。

一方で、「5万円のサポートなしのオンラインコンテンツ」を
20本売って、
月収100万円になったとしましょう。

 

前者は稼いだ金額は増える一方で忙しくなり、

後者は収入は割合的には小さいが「圧倒的に自由な時間」が増えるわけです。

 

 

「年収が高い=幸せ」とは限らない。

 

結局、「お金を稼ぐこと」って、
ある種の「幸せ」を得るためにやってることだと思うんです。

けど、その「お金を稼ぐ」ために
「幸せ」を削っていませんか?

っていうことです。

 

「いやー、今は働きたい時期なんです。」ってのはわかりますけど、

統計的には年収3000万以上は幸福度がそこまで変わらないらしいですし、
その辺りをボーダーラインとして、働き方を変えるべきなのかな。と。

 

僕の場合は大学生のバイトで月10万以下だったところから、
急に100万になったわけですから、
もう、わりと個人的な収入には満足しちゃったわけです。

(ビジネスの規模的には満足はしていませんので、
もっともっとでかくしていこうかとは思っています。)

 

で、そうなったときに
「幸福度」を左右するポイントとして、
結構、「自由な時間」が重要になってくると思うんです。

 

 

意識低い系はコンサルは向いていない。

 

まあ、「仕事しまくる=ダメ」ではないんですけど、

僕みたいな意識低い系の人は、どこかで見切りをつけて、

もっとレバレッジの効く、
たくさんの人に同時に教える講座やら、セミナーやら、
オンラインコンテンツやらコミュニティやらに

どんどん移っていくべきですよね。

っていうことです。

 

そっちの方が、
「労力対効果」は最大化するはずなので、
僕が目指している「コスパの良い生き方」に近づける気がします。

 

ビジネスの規模を大きくするのだって、
空いてる時間でしかできないわけですから、

「コンサルで手一杯」

な状況だと、なかなか次に進めません。

 

すごく大事なことなんですけど、

「上がった売上の金額=ビジネスの規模」

ではないですからね。

 

だから、
どこかで見切りをつけるのをお勧めします。

というお話でした!


--------------------------



僕が月収100万を稼ぐ秘訣を語る

メールマガジンもやっています。



メールマガジンの方では

ブログやYouTubeでは配信してない内容や

読者さん限定の企画、

僕の人生が変わった情報などを配信しまくっています。



興味のある方は、下記バナーからどうぞ。