物語

勇気と借金から生まれた僕の月収100万円物語

 

どうもこんにちは、けいです。

 

僕は現在、インターネットを活用しながら

月に100万円程度の収入を得ながら生活しています。

 

最近やっていることといえば、

仕組みを作ったり、メルマガを更新したり、YouTubeで動画を撮ったり、

大学生や主婦のプロデュースをしたり、個人向けにコンサルティングをしたり、

カフェでのんびり読書でもしながらメルマガを書いてリア充感を演出してみたり、

女の子と映画を観に行ったり、高級なうなぎ食ったり、1人で焼肉を食ったり、

 

会社員の方や、学生の方よりは

金銭的にも時間的にも、

そこそこ自由に生活しています。

 

今日はそんな僕が

今の生活ができるようになったきっかけの話を

お話ししたいと思います。

 

堅っ苦しい文章はやめて、

活字が苦手な人でも読みやすいように書いてあるので

ぜひ5分だけでも読んでいただければと思います

 

 

10/4 追記 動画で視聴したい方はこちら

 

 

僕が大学3年生のときの

冬のお話です。

 

僕は就職が嫌だった。

 

就職なんて嫌だーー。

 

僕は現在、大学3年生。

いわゆる来年度の就活生だ。

 

だけど、就職は本当に嫌だ!

 

マジで嫌。

 

今までなんとなーく高校行って、

なんとなーく大学に進学して

なんとなーく生きてきた。

 

就職とかありえねーよ。。。

 

だって約40年間拘束されるんだぜ?

それも毎日8時間とかで残業もあるとかヤバすぎる。。。

 

なんでそんな地獄に飛び込まなければいけないんだーーー!!

 

でも、就活スタートまであと3ヶ月だ。。。

 

やべーな。。。もうそろそろ社会に飛び立っちゃうよ俺。。。

一生、学生やってたい。。。働きたくなさすぎるよ。。。

 

周りはみんな就活の準備始めてるけど、

全然乗り気にならねえよ。。。

 

就活の準備をしない自分に

罪悪感ありまくり。。。だけど

 

(今日も一日中ゲームやっちまった。。。)

 

やべーよねこれ。。。

でもゲームやめらんねえ(笑)

 

 

時間だけが過ぎていく。。。

 

いやーーどうしよう。

マジで将来どうしよう。

 

とりあえずちょっと考えてみるか。。。

 

まあとりあえず、好きなことはある程度貫いて生きて生きたいし

バンドはやりたいなーーー。

 

でも、バンドをガチでやるんなら、フリーターやることになるでしょ?

 

ちょっと一回調べてみよう。

 

「バンドマン 末路」検索

 

やべーみんな悲惨すぎる。。。

これはあかん。。。。。。。

 

フリーター兼バンドマンとかで30歳とかまで行ったら

いよいよ結婚とかもできないよな。。。死ぬ。。

 

かといって就職して、

過酷に労働しまくって人生の半分を仕事に費やすのもなぁ。。。

 

どうせ俺人付き合い苦手だし、

上司と部下に板ばさみにされて人間関係で苦労するんだろうなぁ。。。

 

 

選べねえ、、、選べねえよこれは。。。

どうすりゃいいんだ。

 

 

 

Twitterでの突然の出会い。

 

そんなある日Twitterを見ていた時の話。

 

ん?

 

「2時間で8万円稼がせてあげれた?」

「稼げる方法教えます?」

 

いかにも胡散臭いツイートが

僕の目の前をよぎった。

 

超うさんくせえーー。。。

マジでうさんくせえ。。。

 

でもこういうやつ100人に1人くらいは

ホンモノもいるんじゃね?

 

まあ、話聞くだけならタダだし、

とりあえずだけ話聞いてみるかー。

 

 

これが僕とビジネスとの出会いだった。

 

僕はビジネスの世界に飛び込んだ

 

Twitterで話を聞いた人によると、

その人は月収200万くらいあって、

なにやらその人からビジネスを教えてもらうには50万円ほどかかるらしい。。。

 

「50万円?高過ぎだろ。」

 

「でも、待てよ? これで人生変わったら安いんじゃね?」

「いやいやいや、でも50万円はやばいって。。。」

 

僕はビビってビビりまくって、

とにかくその人のLINEをブロックした。

 

「なんか俺ダサいことしたな。。。」

 

素直に気持ち打ち明けて正直に断ればよかったな。。。

 

なぜかすごく自分に悲観した。

 

自分が「LINEブロック」という逃げ道を使ったことに

なにかみっともなさを感じていた。

 

なんだかポカーンと心に穴が空いた。

 

 

 

それから何かが吹っ切れて

Twitterにいるいろんなビジネスの人に話を聞きまくって

たくさんの人に会いに行った。

 

手を震わせながら歩いた冬の大阪

 

そんな中で、個人事業主で

月収30万くらい稼いでいる20歳のTさんと意気投合した。

 

なにやらブログ書いて稼いでいるらしい。。。

本当に信じて良いのか?

 

この人は詐欺師なのか?どうなんだ?

でも、喋ってる感じはそうでもないぞ。。。

 

その人はなにやら

ある”塾”に入って稼げるようになったらしい。

 

「そこに入るにはいくらかかるんですか!?」

 

なにやら32万円かかるらしい。

なんでこんな高いねん。

 

32万も持ってねえよ。

 

 

でも、これから人生変えようとしてるのに、

32万ぽっちも出す勇気ない俺ってダサくね?

 

もういいやどうにでもなれ。

1回も挑戦してもないのにウダウダ無理かな?とか疑ってる俺の方がダセえよ。。。

 

そう思って、

その塾の人と一緒に

CMでおなじみの初めてのアコムへ行った。

 

アコムと書いた看板の下のテナントビルに入っていって

3階に駆け上がり、無人登録機の前に座った。

 

心臓がバクバクだ。

 

 

 

借りた。

 

22万8000円。

 

今でもハッキリ覚えている。

 

心臓はバクバクし、

めちゃくちゃ手足が震えた。

 

僕はアルバイトでの月収が5万円とかだった。

 

20枚の札束ですら、初めての感触だ。

 

 

やべえよ。。。ひったくられたり落としたらどうしよう。。。

 

震えながら借りたお金を元に

僕はその塾に入塾したのだった。。。

 

 

初めての挫折と希望の光

 

入ったけど、結果は

 

ダメだった。

 

振り絞って出した32万円かけて入った塾だったが、

中身は賞味期限切れかけのノウハウばかりだった。

 

「クソーーー、、どうしたらいいんや。。。」

「このままやと3月までに1人前になられへんぞ。。。」

「どうせ俺には無理やったんや。。。」

 

 

絶望

 

 

その塾で学んだ作業も途中で辞めてしまった。。。

 

 

本当なら少しでも稼ぐために作業すべきなのに、

僕はあろうことかネットサーフィンをしていた。

 

ひたすら稼ぐ情報を調べるノウハウコレクター状態だったのだ。

 

もちろんネットで無料で落ちてる情報だけで

稼げるはずもなかった。。。

 

 

でも、そんな中、ある動画を見つけた。

 

 

僕と同じように大学生の人の動画で、

「大学生でビジネスを始めてたった2ヶ月で月収100万円以上稼いだ」

みたいな動画だった。

 

「僕とおんなじ大学生で、、しかも歳下、、、

月収100万??しかも、たった2ヶ月で??」

 

僕には信じられなかったと同時に大きく心が揺れ動かされた。

 

本当かどうかなんてまだわからない。

 

全く先が見えない絶望の中から

一筋の希望が見えた気がした。

 

 

その後その人物についてひたすら調べまくった。

 

僕はどうやったら自分がそうなれるのか

必死で調べまくった。

 

 

そしたら、その人が稼げるようになったのは

またもやビジネスの高額な塾だった。

 

今度は35万円もするらしい。

 

さすがに一回失敗してるので

今度は用心深く調べた。

 

その塾が開催するセミナーにもいったし、

そこの講師の人ともたくさん話した。

 

その100万稼いでいる大学生とも一瞬だけだけど話した。

実際話したことで、

「100万稼いだ」というのは真実なんだとわかった。

 

あとは僕にこれが達成できるのかどうかの問題だ。。。

そして、その塾に入るためのお金の問題。。。

 

夢を追いかけるための苦渋の決断

 

お金が、ない。

 

 

通帳残高もいよいよ残り5万円とかだ。

 

借金をしようにも、

初めてのアコムのせいで

借りられるお金すらなかった。

 

でも、僕はなんとしてでも3月までに

100万円というお金を稼ぎたかった。

 

 

 

いくらお金を払ってもいい。人生かけても良いと思っていた。

 

 

今考えるとやばい感覚だ。。。

 

 

自分が稼げるかどうか?よりも

どうやって自己投資するためのお金を作るかだけを

考え続けていた。

 

別に借金しようが騙されようが

なんでもよかった。

 

とにかく挑戦しないことには僕の気が済まなかった。

 

 

だが、自己投資する35万円がない。

 

 

もちろん、バイトなんてしていたら

3月に間に合わない。

 

僕は一番使いたくなかった

最後の手段を使うことにした。

 

 

親だった。

親に頼み込みにいった。

 

 

実家に帰省して、

「お願いします。貸してください。」

 

苦しかった。

親に初めて本気で頭を下げた。

 

しんどかった。

 

この気持ちを味わったことがある人はそういないだろう。。。

 

でも、こんな僕にも、光が差した。

 

 

親からの

「偶然、保険が満期でまとまったお金ができた」

という報告だった。

 

なんとか親を説得してお金を借りることができた。

 

僕はそのお金35万円を高額塾に突っ込んだ。

 

今度は絶対諦めない。

 

僕はこれから月収100万円を稼ぐために

全ての時間と努力と労力を捧げる。

 

そう胸に決めた。

 

 

僕はその塾の講師Mさんに

ひたすら着いていった。

 

 

僕のビジネス初心者時代

 

講師のMさん

「YouTubeやったほうがいいですよ」

 

その言葉を信じて、

僕はひたすらYouTubeを撮りまくった。

 

YouTubeでアフィリエイトをしていった。

 

でも、最初は全然結果が出なかった。。。

 

たったの1円も稼げない。

 

 

ただ、YouTube上にゴミを量産していってる状態だった。

 

本当に自分のやっている作業でお金が稼げるようになるのか

めちゃくちゃ不安だった。

 

無駄に親にお金を借りて、

無駄にお金を使って、

無駄な作業をし続けているんじゃないか。

 

そんなことが脳裏をよぎりまくった。

 

ドリームキラーもたくさん現れた。

 

「ネットビジネスとかそんなん稼げるわけないでしょ」

「大学生が100万とか無理に決まってる」

こんなことを周りからたくさん言われた。

 

そんな人たちにはめちゃくちゃムカついたりもした。

 

「なんやねん、あいつら。やってもないやつに言われたくないし。

なんでわざわざ俺のやる気を無くさせるようなことを言ってくんねん。」

 

僕は絶対に見返してやると思ってやり続けた。

 

そして来たる3月2日、

初めての商品が売れた。。。。。

 

「やべえ!!!!俺でも売れた!!!!」

「この手でお金を稼げた!!!!!!!!」

 

感動でしかなかった。。。

 

「俺でもお金稼げるんだぞ!!すごいだろ!!!」

 

速攻、講師のMさんに

「やっと1つ売れました!!!!」

と報告した。

 

そしたら

「おーおめでとー」

と返してくれてめちゃくちゃ嬉しかった!!

 

そこからさらにモチベーションが上がり、

僕はビジネスに没頭しまくった。

 

それが功を奏したのか、

1つ売れ始めてからの僕の売り上がり具合は

まさに快進撃だった。

 

 

売れまくる。。。売れまくる。。。

 

単価10万円以上の商品が売れまくった。。。

 

 

でも、売れても売れてもそこまで喜ぶことはなく、

謙虚に過ごした。

 

あくまで僕の目標は100万円。

とにかく100万円まで突き進むだけだった。

 

もう僕にはあとがない。

 

だからやるしかなかった。

毎日全力で生きた。

 

 

その結果…

 

 

その翌月、僕の口座には

118万円という金額が振り込まれた。

 

 

死ぬほど嬉しかった。

 

ドキドキして夜も眠れなかった。

 

振り込まれて通帳を見ても

まだ信じられなかった。

 

つい3か月前までは

アコムで借金してお金をドブに捨てた僕が。

 

 

118万円

 

 

稼げた。

 

 

自分の手で。

 

 

あり得ないことだった。

信じられないような現実だ。

 

これは本当か?夢か?

 

何度も疑った。

 

でも、間違いなくこれは現実だった。

 

このときはもう、嬉し過ぎた。

 

それからも僕は100万円を手にした僕は

次の夢を追いかけ続けた。

 

 

「仕組み化」との出会い

 

月収100万を達成した僕は

どんどん次のヴィジョンを考えていた。

 

「よーし、次は月収300万めざすかーー。」

 

なんて考えていた。

 

でも、1ヶ月経っても、2ヶ月経っても、

僕の月収は100万円から減ることはあっても、

増えることはなかった。

 

僕が稼いでいた100万円は

労働型のアフィリエイトによるものだった。

 

僕が100万という収益を上げ続けるには

常に動き続ける必要があった。

 

 

僕は気づいてしまった。

 

 

今のまま永遠にやり続けても

月収が100万から増えることはない。。。

ということに。

 

 

僕はどうやったら自分が

月に500万とか1000万とか稼げるようになるのか

ひたすら調べまくった。

 

そして、

「仕組み化」

というものを知った。

 

仕組みって何だ。。。おいしいのか?

 

僕はそんな感じだった。

 

僕は200万円の自己投資をぶっこんで

年収2億稼ぐ仕組み化のプロから学ぶことにした。

 

彼はこう言った。

「立花さんの状況だったら

月収1000万くらいまでだったら可能ですね。」

 

正直、ほんとかよ!! と思った。(笑)

 

だが、彼はそれで2億稼いでいた。

 

そして、僕はいわれるがまま

最初の小さな仕組みを構築した。

 

すると、なんだこれは、、、

自動での収入がどんどん入ってきた。。。

 

「おいおい、働いてもないのに

こんなにお金稼いじゃっていいのかよ。。。」

 

今まで働いてしかお金を得たことがなかった僕からすれば

なんか変なお金だった(笑)

 

これはやばい。

 

単純に10万の仕組みを10個作れば月収100万だし、

1つの仕組みを100万にすることもできるぞ。。。

 

これは億も狙える。

億見えるとかやばすぎだろ。

何じゃこりゃあああああ。

 

そして現在の僕は仕組み化に味をしめて

年収1億円を目指してどんどん仕組みを構築していっている。

 

 

最後に

 

さて、

僕はこの物語を現段階では

ここまでしかお話しすることはできない。

 

なぜなら、この物語は現在進行中の物語だからだ。

 

そして最後に、

ここまで読んでくれたみなさんに

伝えたいことがある。

 

僕はときどき、

「けいくんはなんでこんなに早く上手く行ったの?」

「そんな早く成功するなんて、元々頭が良かったんじゃないの?」

と聞かれることがある。

 

でも、この物語を読んでくれたらわかるように

僕だって一度失敗しました。

 

32万円という失敗。

これは小さい失敗なのか大きい失敗なのかはわかりません。

 

ただ一つ言えることは

僕には元々才能なんて全くないということです。

 

何も自分ではわからなかった。

だからこそ、学びにお金を投じて必死で勉強した。それだけです。

 

この半年間を振り返って、

今までの自分と違ったことが1つだけあります。

 

それは僕はこの半年間、

「かなりの勇気を振り絞って行動してきた。」

ということです。

 

 

ビジネスの世界に飛び込むきっかけとなったTwitterの人との初めての電話、

アコムで借金をした思い出、親に頭を下げてお金を貸してもらった時、

新しい環境に飛び込んで努力した日々、仕組み化に挑戦した日、

それらすべてには勇気が必要だった。

 

 

 

僕のビジネスの経歴をすべて振り返っても、

勇気を出して悪いことなんて一つもなかった。

 

よかった。

本当に良かった。

 

勇気出して本当によかった。

 

こんな僕のつたない言葉だけど、

ここまで読んでくれたみなさんにも

 

勇気出して何かに挑戦して、

自分の人生に立ち向かって行ってほしい。

 

なんて言葉を残しておきたい。

 

偽善でも綺麗事でもなんでもいい。

 

こうやって勇気を出すことで救われるやつもいたんだな。

 

という程度でもいいので

心の引き出しの中にいれといてもらえたらと思う。

 

僕は自分と同じように勇気を出して

ビジネスに挑戦したい人のため、何かに挑戦したい人のために

メールマガジンを発行しています。

けいのメールマガジンはこちら

 

メルマガではより具体的な話や

メルマガ限定の企画なんかも流しているので

ここまで読んでくれた方でしたら

登録しておいて絶対に損はないかと思います。

 

 

 

 

 

追伸1

 

僕が月収100万円稼ぐまでのもっと詳しい物語と

自信がなかった頃の物語をレポートに書いてます。

 

興味のある方はこちらからどうぞ。

 

月収100万円レポート

自信なさすぎたレポート

 

追伸2

 

YouTubeではもっと濃いお話を動画でたくさん配信しています。

 

僕のYouTubeチャンネルはこちら。

YouTubeチャンネル

 

ビジネス初心者の方向けの超濃い再生リストはこちら。

ビジネス初心者向け再生リスト

 

 


--------------------------



僕が月収100万を稼ぐ秘訣を語る

メールマガジンもやっています。



メールマガジンの方では

ブログやYouTubeでは配信してない内容や

読者さん限定の企画、

僕の人生が変わった情報などを配信しまくっています。



興味のある方は、下記バナーからどうぞ。